バッチフラワーレメディ バッチフラワーとは?

英国発 心のバランスを取り戻す38種類の花エッセンス

バッチフラワーとは、英国の医師であり、細菌学者、病理学者、ホメオパシー医でもあったエドワード・バッチ(Edward Bach)博士によって1936年に完成された、自然由来のエッセンスです。植物や岩清水など38種類から作られたものと、その中の5種の花のエッセンスを調合したレスキューレメディがあり、落ち込み、イライラ、ショック、不安、怒りなど、誰もが日常的に体験するような精神状態や感情に作用します。心が風邪をひいいたように感じたり、人生に行き詰ったとき、平安や喜びを取り戻すのに役立ってくれるでしょう。

バッチフラワーはシンプルで安全。誰でも!どこでも!

バッチフラワーは、どれも自然の中で育った植物と岩清水を使って作られています。心や感情に対して作用し、精神のバランスを保ったり性格を改善したりします。心が元気であることで体も健康を保ちやすくなるのです。

自然で安全。副作用、習慣性や依存性がない。

バッチフラワーは、安全で害や副作用がまったくありません。ですから、もし間違えて、自分の状態に関係のないものを選んでしまっても大丈夫。何も変化が起こらないだけで、心身に害を及ぼすことはありません。また、バッチフラワーには、習慣性や依存性がないので、使用をやめたからといって、改善されたものが元に戻ってしまうとか、飲まないと具合が悪くなるといったことはありません。必要なときに、必要なだけ使えばよいのです。他の療法や薬剤と並行して使うことができ、相乗効果をあげていけるのも大きな特長です。

誰でも、いつでも、どこでも

赤ちゃんからお年寄りまで、また動物や植物にも使え、どんなときでもそのときの心の状態と合わせて、38種類のうち、7種類まで組み合わせてとることができます。基本的には、1回2〜4滴以上を飲んで使いますが、他にもさまざまな使い方ができます。使い方はとても簡単(P12参照)。穏やかに心の潤いがよみがえってくるのを感じることができるでしょう。